行っておきたい!支笏湖

パッチワークのように美しい草原が広がる美瑛の丘から一時間前後ドライブすると、北海道の見所の一つでもある支笏湖があります。支笏湖は、支笏洞爺国立公園に位置しており緑豊富な原生林に囲まれた周囲約40、3kmのカルデラ湖です。約4万年前の激しい噴火活動により創られた湖で、その透明度は非常に高く水質は日本一と言われています。湖には大型遊覧船の他、天候によってはカヌーで湖上を散策する事が出来ます。札幌から国道453号線一本道で約1時間半程度の距離です。国道453号線を進むと近くにオコタンペ湖があります。湖畔に立つ事は出来ませんが山の斜面にある展望台から眼下にある神秘的な支笏湖を眺める事も出来ます。国道をさらに進み続けると、湖の岬に温泉旅館街があるので宿を確保するのもいいでしょう。湖周辺では、四季を通じて様々なイベントが開かれており、そのイベント時に行くのもお勧めのポイントです。花火などで盛り上がる夏期のイベントとして行われるこすい祭りが7月下旬にあります。そして、秋期には原生林の葉が紅葉し湖の輝きを増すシーズンの紅葉まつり、冬期は全国でも有名な氷濤まつりが開かれ美しい氷のオブジェを見る事が出来ます。

Comments are closed.